昨日、5時に夢中というテレビ番組にホラー作家の平山夢明さんが出演した。番組には7回目の出演らしいが、動いている平山さんを見れるのはとてもうれしい。平山さんを初めて知ったのは学生の頃だが、当初はこのようなひょうきんで面白い方だとは思わなかった。作家でしかも専門分野がホラーということで、寡黙でミステリアスな綾辻行人さんのような佇まいの人物を想像していた。平山さんとはトークイベントに行った際に何度か会話をしたことがあるが、カメラの前とまったく変わらない方だった。ぼくはずっとおじさんになりたくないと思っていた。年を取ることが怖かったし、酔っぱらいの中年など見るのも嫌だ。しかし、平山さんを知ってからそんな気持ちが和らいだように感じる。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly