Return to site

くだらない自慢

 色々な人に自慢話ばかり聞かされて、なんかもやもやしている近頃である。賭けや勝負事がてんでダメなぼくは、幼いころから人と何かを競って勝利した、という経験がほとんどない。ゲームもスポーツも基本的に苦手で、大乱闘ゲームでは真っ先に突き落とされてしまうし、じゃんけんですらもここぞというときにいつも負ける。だからという訳ではないけれど、ギャンブルには生涯手を出さないと決めている。
 人は悪いことの方が強く印象に残りやすい。と聞いたことがある。自分自身その傾向が強いことは自覚しているので、当たり前の幸運にきちんと喜ぶようにしている。予定がある日に天気が晴れたとか、本屋さんで目当ての本が買えたとか、そんな気にも留めない幸せを幸せと受け止めることが大事なのだと思う。
 しかし、それも行き過ぎると今に満足しているだけの停止した人になってしまう。ある作家が「今のままでいい、そのままでいい、という言葉が私は嫌いだ」と言っていた。目指せばもっといい自分になれるのだから、現状に満足してはもったいない。ということらしい。あーもー難しいな。
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly